ロボット×クラウドサービス 「SeeROBO」

SeeROBO

“SeeROBO”とは、通信ボード(IoT Gateway)を活用した、ロボット向けクラウドサービスです。
マーケティングデータの収集、遠隔で制御・監視・故障予測・メンテナンスが可能です。

特長

SeeROBO 構築例

IoT Gateway概要

IoT Gatewayには3G通信・Wi-SUN通信(920MHz帯無線通信)等の無線通信機能の他、RS232C・RS485・AD・DIなどのインターフェースも多数用意してございますのでI/Oボードとしての機能も充実しております。

IoT Gateway概要

項目 仕様
共通仕様 電源 DC5V
3G SIM5320JE
(SIMCOM製)
外形寸法 125mm×125mm×35mm
インターフェース
RS-485 1ch 2線式
GPIO 入力 9ch
出力 2ch
無電圧接点
Ethernet 10/100BASE-TX 1ch
3Gアンテナ 1ch SMA型


単独動作Mode

  • 通信量が少量の場合、本ボード上のMPUにより単独動作可能です。
  • ネットワークインタフェースを持たない機械、装置等をクラウドへ安価に接続可能です。

拡張ボードMode

  • 上位H/Wの増設I/Oボードとして動作します。
  • 株式会社アットマークテクノ製Armadillo420の拡張ボードとして活用可能です。
  • H/Wの多様な機能を活用することが可能です。
お問い合わせ
協栄産業株式会社 TRCオフィス
〒143-6565 東京都大田区平和島6-1-1
〈  事業戦略室 連絡先 担当:露木 〉
03-3767-2331 
(受付時間:平日 午前 9時~午後 5時)
03-3767-2394